母親ゆずりの超敏感肌です。

私は顔・首の皮膚が特に敏感で、触るだけで赤くなってしまったり、合わない化粧品を使うと一部皮がめくれてしまったりします。これまでの経験から、メイク落としとスキンケアで肌の土台を作っておけば、ある程度、どの化粧品を使っても荒れにくくなってきた気がします。季節によって使うものは多少異なってくるのですが、超敏感肌の私が使っても肌荒れしないものとその使用順序を以下に記載したいとおもいます。
まずメイク落としですが、ビフェスタうる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバーで目元のメイクを落としていきます。コットンにひたひたにとり、できるだけ摩擦がない状態でアイメイクをふきとります。次にカウブランドから出ている無添加フェイスケアのメイク落としミルクを4~5プッシュ手の平にとり、これも摩擦に気をつけながら優しく浮かしてぬるま湯で洗い流します。洗顔も同ブランドから出ている無添加フェイスケアうるおい洗顔を1cmほど泡立てネットにとり、もこもこの泡をつくって洗顔したら、同じくぬるま湯でオフします。洗顔後はタオルではなくティッシュで軽く水気をとり、ナチュリエスキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)で5分程度コットンパックをします。コットンを外し、手でなじませたら同ブランドのスキンコンディショニングジェルを多めに乗せるように塗布します。そのまま少し時間を置くとかなり浸透しハリも出てくるので、なじんできたところでニベアの青缶を両手に広げ、顔全体を包むように塗布して完成です。朝はお化粧をするので、朝はニベアは使用しません。数年前、高価なお化粧水やクレンジングも使っていましたが、肌荒れは収まりませんでした(むしろ悪化したものも…)。シンプルで金額を気にせずたくさん使うことで今は肌荒れも収まり、今までの人生で一番きれいな肌を手に入れられました。年齢を重ねることで、使用すべきものや補うべきものは変わってくると思いますが、’今’に合ったものを探し続けることが大切かもしれません。
ネット通販で気になる化粧品はこちらです。